美容情報

春に肌トラブルが増えるのはどうして?

季節の変わり目、特に春の訪れを感じる時季、なぜだか肌荒れが酷くなるという方は多いのではないでしょうか?

また、肌の調子が良くないだけではなく、体調自体が悪くなるという方も多いようです。

なぜこの季節の変わり目に、肌荒れを起こしたり、体調を崩しやすくなるのでしょうか。

気温の変化と1日の寒暖の差

暖かく春を感じた次の日に、真冬を思い出すような寒さになったり…。

朝は寒かったけど、昼間には初夏のような汗ばむ気温になり、そして夕方にはまた冷え込む…。

このような寒暖の差を感じることが、この時季は多くあります。

気温の変化が激しく、汗をかくこともあれば、冷たい外気にさらされることもあるなど、肌にとっては過酷な状況です。

その気温の差・変化が、体調や肌にも大きく影響を及ぼしているのです。

それは、体温を調節している自律神経がストレスを感じてしまうことで起こります。

自律神経の働きが崩れると、免疫力や抵抗力が低下してしまうので、体調を崩しやすかったり、肌の調子が不安定になったりしてしまいます。

春の空気はホコリっぽい!

春の知らせと呼ばれている“春一番”という強風。

春は強い風がよく吹く季節でもあるのです。

このため空気はホコリっぽくなったり、花粉が舞ったりして、皮膚も汚れやすい環境になります。

皮膚にこういった汚れが付着することで、かゆくなったり、赤く炎症を起こしてしまったりするのです。

生活環境の変化

春は始まりの季節。

新しい仕事がスタートしたり、部署変えや転勤があったりと、何かと変化の多い時期でもあります。

こういったことが気付かない間にストレスになっていて、疲れがたまってしまっている場合が多いのです。

そのストレスで睡眠不足や食欲不振を引き起こしたり、体調不良や肌荒れの原因にもなります。

春のおすすめスキンケア

このように、季節の変わり目、特に春には肌トラブルにつながる原因が多数考えられます。

肌が敏感になっている時に大切なケアは、まずは保湿。

暖かくなって油断してしまいがちですが、肌のバリア機能を高めるには水分をしっかり補給して、潤いを逃さないように保湿してあげることが大切です。

既に肌が乾燥して硬くなってしまっている場合は、肌の角質層の保湿成分が不足している状態です。

角質の水分保持のために、細胞間脂質であるセラミドを補給すると、潤いを逃がしにくくなります。

春の肌はバリア機能が弱って敏感になってしまっている可能性が高いので、毎日のスキンケアではなるべく刺激を与えないように、また、肌が本来持っているバリア機能を高めていくように心がけましょう。

摩擦などで肌に負担をかけると、バリア機能が弱まり、更に刺激を受けやすくなります。
特に肌が敏感になっている時には、毎日使うタオルは肌に優しい素材のものを選びましょう。

タオルは常に清潔に保ち、洗顔後に水分をタオルで拭き取る際には、ゴシゴシとこすらないように注意しましょう。
また、手や爪、髪の毛なども肌に触れる頻度が高いので、いつも清潔にしておくことが大切です。

肌は乾燥すると、刺激を受けやすくなり、赤みやかゆみを引き起こしやすくなります。
摩擦を与えないように、しっかりと保湿するように毎日のスキンケアを心がけ、春もぷるぷる肌で過ごしましょう♪

身体の中からのケアも忘れずに

スキンケアとともに、身体の中からケアしていくことも大切です。

腸内の環境を整えていくと身体の免疫力が高まるとも言われています。

ヨーグルトや納豆等、腸の環境を整えると言われているものを食事に取り入れることもおすすめです。

季節の変わり目に体調を崩しやすい人は、バランスの良い食事を摂り、生活のリズムを整え、風邪をひかないように温かくして寝るなど、普段以上に健康を意識した生活を送るように心がけてみてください。