美容情報

冬も大切!紫外線対策&美白ケアー北九州市小倉で紫外線ダメージケアをするなら、BALI IN 小倉へ

1月2月は寒さが厳しく、肌の乾燥が気になる時季です。

この時季は乾燥対策には力を入れるけれど、紫外線対策はついつい怠ってしまいがちです。

紫外線は春夏に強いイメージですが、冬も紫外線対策と美白ケアが必要です。

冬の紫外線対策は保湿が大事!

春夏に降り注ぐ紫外線に比べれば、秋冬の紫外線は強さも量も減り、夏と比較すると5分の1くらいと言われていますが、全く無くなるわけではありません。

紫外線は一年中降り注いでいるので、冬でもUVクリームを塗るなどの対策は必要です。

冬のUVクリームは日常生活であればSPF10~20程度のものを使っていれば十分と言われています。

しかし冬は春夏よりも外気が乾燥し、さらに暖房でも肌が乾燥しやすいため、UVクリームを付ける前にたっぷり保湿をすることが大切です。

肌の乾燥が進むと、肌のバリア機能や、水分を保持する力が弱くなってしまい、その状態で紫外線を浴びると、さらに肌の水分量が低下しシワやくすみにつながりやすくなってしまいます。

潤いを保ち、紫外線のダメージを残しづらい肌にするためには、肌の水分量を十分に補うことが重要なポイントなので、乾燥しやすい今の時季はたっぷり保湿をしましょう。

ウィンタースポーツ中の紫外線にも要注意!

スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツを楽しむ時は、特に紫外線に注意が必要です。

一面の雪景色は、大きなレフ板のようになり、太陽光が雪に反射して浴びる紫外線は、非常に強く夏の海辺以上とも言われています。

さらに雪山は標高が高いので、より紫外線のダメージを受けやすくなります。

帽子、フェイスマスク、ゴーグルなどは、冷たい外気から肌を守る他に、紫外線対策としても有効ですが、日焼けをしてゴーグルやサングラスの跡が残ってしまわないように注意しましょう。

冬のレジャーシーンには、夏同様にSPF30程度の日焼け止めを目安に使用すると良いと言われています。

夏の海に行く時と同じように、汗をかいたら塗り直して紫外線対策をしましょう。

冬は美白のチャンス!冬こそ美白ケアで理想の肌を叶える!

美白ケアは夏というイメージが強いと思いますが、実は紫外線の少ない冬は、夏の間に受けた紫外線ダメージを集中ケアするチャンスです。

紫外線の強い夏は日焼けをしないように肌を守ることで精一杯ですが、冬は紫外線も弱くなり、新しいメラニン色素が出来にくく、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を整えやすくなります。

肌の新陳代謝(ターンオーバー)を高め、美白効果のある化粧品を利用してシミが出来ないようにケアをしていきましょう。

せっかく美白効果のある化粧品を使っていても、乾燥した肌ではせっかくの美白成分も効果を発揮しにくくなります。

外気が乾燥する冬は特に、まず保湿をしっかり行ってから美白ケアするのがおすすめです。冬も紫外線対策と美白ケアで潤い美肌を目指しましょう♪

北九州市小倉でおすすめの潤い&美白ケア!

気になる乾燥や年齢肌、紫外線ダメージをケアしたい!でもどんなスキンケアをすればよいのかわからない…。そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひVS28スキンケアスタジオBALI IN 小倉にお越しください。

当店では、初めてのお客様に肌質検査を実施しております。

肌質検査機を用い、毛穴・しわ・色素沈着・油分を詳細分析します。今の肌の状態にあわせたお手入れやご自宅でのケア方法をアドバイスさせていただいております。

スキンケアのプロによる丁寧なケアとご自宅でのスキンケアのアドバイスを通して、お一人でも多くの方に理想の肌を手に入れていただくお手伝いができればと願っております。

詳しくはこちらから