美容情報

【美しい立ち姿を目指そう♪】

人の印象は、わずか数秒で決まると言われています。

言葉遣いや表情はもちろんですが、実は姿勢の善し悪しも相手に与える印象が強いものです。

姿勢が悪いと老けて見えるだけでなく、下腹が出るなど体型も崩れやすくなります。

姿勢の悪さは、内臓の機能を低下させ頭痛や肩こり、腰痛などの他、様々な心身のトラブルを引き起こしやすくなると言われており、うつ病も姿勢が誘因の1つに挙げられているそうです。

姿勢は毎日の積み重ね

姿勢の悪化は、そのほとんどが生活習慣によって起こると言われています。

特に、長時間パソコンを使う人、片足に体重をかけて立つ癖や足を交差して立つ癖がある人、足を組んでイスに座ることが多い人、荷物やバッグを持ったり掛けたりする手が決まっている人は、姿勢が崩れやすいと言われています。

筋肉は、長時間続けている姿勢や頻繁にしている姿勢を一番楽だと思い込んでしまい、悪い癖がついてしまいます。

そして、筋肉に癖がついてしまうと、いつもその姿勢をとらせようと働きかけるようになり、猫背などの良くない姿勢が日常生活で習慣化してしまうのです。

【歩く時の姿勢にも気をつけましょう】

立っている時や座っている時の姿勢も大切ですが、歩いている時にも癖が出てしまいます。

自分の靴の減り方で歩き方の癖をチェック!
  1. 内側が減る…高いヒールを履く方に多いと言われています。内股になってしまっているかもしれません。猫背や、腰痛にもなりやすいと言われています。
  2. 外側が減る…足の外側に重心がかかっていて、内側の筋肉が使えていないことが多く、また外側の筋肉が張ってくるのでがっちりした脚になりやすいと言われています。ガニ股の方に多く、腰や膝に負担がかかりやすいと言われています。
  3. かかとが減る…背筋と腹筋が弱く、足を引きずって歩いてしまっています。猫背の人、ガニ股の人がなりやすいと言われています。
  4. つま先が減る…ヒールを履くことが多い人がなりやすく、この歩き方は外反母趾になりやすい傾向があり、腰にも負担がかかると言われています。
  5. 片方だけ減る…骨盤などの身体のゆがみが大きく関係していると言われているので、靴底のどちらか片方が極端に減っている人は要注意です。

【良い姿勢とは】

背中が丸まってしまう「猫背」は、背骨のS字のカーブが強すぎる状態で、良い姿勢とは言えません。骨盤の向きも後ろに倒れた状態になってしまいます。

また、逆に背中を反りすぎてしまっても良い姿勢とは言えません。
骨盤の向きが真っすぐで、背骨がゆるやかなカーブを描くS字になっている状態が良い姿勢と言われています。

頭の先から糸でピンと引っ張られているような気持ちで、背筋をまっすぐに伸ばすようにし、腹筋と背筋で背骨のS字ラインを整えるように引き上げると背中の反りすぎを防止でき良い姿勢を保てます。

そして大切なことは、自分の今の姿勢がどうなっているのかを知り、良い姿勢に戻す意識をすることです。

また、歩く時も姿勢が悪くなっていないかを意識しましょう。

かかとだけを地面に打ち付けるようにしていたり、つま先側に重心を置きすぎていると見た目も美しくありません。

また、歩幅は肩幅くらいが目安です。自分にあった靴で歩くことも大切なポイントです。良い姿勢を保って、美しい立ち姿、歩き方を目指しましょう♪

姿勢が悪く、肩や背中が疲れやすい方に!
北九州市でおすすめの背面ケア

BALI IN 小倉では、肩や背中のお疲れがでやすい方に『背面美顔Ⓡ』のケアが人気です。

背中を芯から温め、ほぐすことで血行を促進。酸素が全身に送られるので、肌も活性化し顔のくすみやむくみもすっきりします。

背面美顔®の流れをご紹介

全5ステップ20分のケアで、肌のくすみや、背中・肩のお疲れがすっきりすると大人気のケアです。

初回お試しのフェイシャルケアに+2000円(税別)でご体験いただけます。

詳しくはこちら↓

詳しくこちら