美容情報

身体の疲れがとれない…「秋バテ」かも?!秋バテにおすすめのケアとは?

秋は涼しくて過ごしやすい季節ですね。読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋…

秋を満喫したいのになんだか体調が優れない、疲れがとれない等、身体の不調を感じていませんか。

「食欲がない」「寝つきが悪い」等と感じていらっしゃる方は「秋バテ」の状態かもしれません。

秋になっても「夏バテ」のように、体調が良くならない「秋バテ」の方が増加してきているそうです。

「秋バテ」の原因は大きく分けて2つ
  1. 1.「冷え」
    これは、「夏バテ」が続き長期化、深刻化してしまうケースです。
    夏の間の冷房で身体が冷えてしまったり、冷たいものの摂りすぎで内臓の不調を招いてしまう「夏バテ」が、秋になっても良くならないまま、疲れや体調不良が続いてしまいます。
  2. 2.「自律神経の乱れ」
    秋になり、朝晩と日中の気温の差が大きくなりますが、この大きな温度差に身体が適応できずに、自律神経が乱れてしまうことで「秋バテ」が起きると考えられています。

「秋バテ」におすすめのセルフケア

「秋バテ」解消の重要なポイントは血行促進とリラックス、良質な睡眠をとることです。

良い睡眠サイクルを作ることで生活のリズムと、自律神経の乱れを整えることが大切です。

血行促進・リラックスにおすすめ!半身浴。

オススメのセルフケアは『入浴』です。

ゆっくりとお湯に浸かることで血行促進効果が期待できます。

熱過ぎず気持ちよいと感じる温度(約38℃~40℃)で20分ほど半身浴すると身体もしっかり温まります。

お好きな香りのアロマオイルや入浴剤を使用すると、心身ともに疲れがほぐれてリラックス効果もあります。

ラベンダーやゼラニウムなどの香りは特にリラックス効果があると言われていますのでオススメです。

良質な睡眠をとるためには

就寝前にパソコンやスマートフォンをチェックする方は要注意です。

パソコンやスマートフォンなどの強い光によって脳が刺激され、交感神経が優位になったままになってしまいます。

眠れない時は交感神経が優位になっている状態で、脳が活発に働いている状態です。

就寝前にリラックスした状態を保つためには、身体や脳に刺激を与えるものを遠ざけて、ぐっすりと眠る環境を整えておくことも大切です。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

リラックスした状態の時に副交感神経が優位になり、緊張している時に交感神経が優位になります。

そのため、睡眠時間がとれていても、副交感神経が優位になりリラックスした状態でなければ良質な睡眠とは言えません。

良質な睡眠をとることで副交感神経がきちんと働き、身体の疲れをとると言われています。

しかし、自律神経が乱れてしまうと、身体が十分に休まらない状態が続いてしまい、いつまでも体調不良が改善されない状態になってしまいます。

身体の冷えは美肌の大敵!

秋バテの原因にもなる「冷え」。

身体が冷えていると…吹き出物・乾燥・シミ・くすみ・疲れやすい等、肌や身体の不調の原因になることがあります。

そんなときは、背中の温熱ケアがおすすめです。
BALI IN 小倉では、寒さがだんだん厳しくなるこの時季、背中を芯から温める温熱ケアの「背面美顔Ⓡ)」が大人気。

背中を芯から温め、ほぐすことで血行を促進。酸素が全身に送られるので、肌も活性化し顔のくすみやむくみもすっきりします。

初回お試しのフェイシャルケアに+2000円(税別)でご体験いただけます。

詳しくはこちら